AT限定免許を取得するメリット

高齢になった時も安心安全に運転できる可能性大

2000年代に突入して以降、自動車産業の技術が飛躍的に向上し、AT限定免許で運転できる車種が著しく増えています。ATタイプの軽トラックも年々増加しています。AT車が主流になっている現代社会において、無理にMT免許を取得する必要性は低いでしょう。AT限定免許を所持していれば、ほぼ全ての車種を運転できます。もちろんMT免許と同様に、車の運転に必要なテクニックと知識を一通り身につけられますよ。但し、大型車など特殊な車両を操縦する業種、走り屋に憧れている方は、MT免許を取得しましょう。

長年にわたってMT車を乗り続けた方が高齢になった時に初めてAT車を運転する行為は非常に危険です。若い時にAT車の運転に慣れ、カーライフを満喫しましょう。

コストの軽減を図れる

AT限定免許を取得する場合、実技講習においてAT車の運転に必要なテクニックのみ徹底的に学び、効率よく運転スキルを高められます。MT車の複雑な運転技法について学ぶ時間を省けます。その上、受講時の負担を軽減できる可能性が高く、ストレスを感じにくいです。費用の相場は、31万円~33万円となっています。講習の時間は、学科が約26時間、実技が約31時間です。一方、MT免許は、取得費用が32万円~34万円かかります。学科の講習が約26時間、実技の指導が約34時間あります。AT限定免許はMT免許よりも取得費用が安い上に、講習の時間が短いです。できる限り費用を抑えたい方、自動車学校に通う期間を短縮したい方はAT限定免許の取得を検討しましょう。