AT限定免許を取得するのにかかる費用

AT車とMT車の違いとは何か

今の時代に免許を取る前の若者達にAT車とMT車があること、その違いを尋ねたらどれだけの若者が答えられるでしょうか。ひと昔前に車が単なる移動手段の道具ではなく運転することに魅力があった頃、男性達はかっこいいスポーツカーを運転する事に憧れを持っていました。それによってMT車、つまりマニュアルの免許を取得する男性が多かったのです。
しかしMT車の運転はコツを掴むまでが難しく、時代とともに少子化や車の需要の低下などにより段々とMT車は生産されなくなりました。それによってAT車つまりオートマチック車がほとんどとなり、免許を取得しようと思う人もAT限定免許で問題ないと判断するのです。
AT車はMT車と違い、クラッチを繋ぐ必要がないので発進をスムーズに行うことができ比較的簡単に運転技術を身に着けられるため、教習の技能時間も短く費用もMT車よりも安く済ませることができます。

AT限定免許を取得するのにかかる費用

先に述べたように現代は少子化や、特に都会での車の必要性の低下などにより車の免許を取得する若者が減ってきています。それにより各自動車教習所は入校者の獲得に力を入れています。費用は地域性や各教習所によって若干の前後はありますが、AT限定免許で約28万円です。ちなみにMT免許の費用は約30万円でした。
免許を取得しようと考えて色々調べていると、合宿免許という言葉を聞いた事がある人もいるでしょう。この合宿というのは、教習所が用意した宿泊施設で泊まり込みをしながら、短期間に免許を取得しようというものです。通常教習所に通う場合ですと約1か月程度かかりますが、短期間なのでその分費用も安くなっていてAT限定免許で約20万円程です。自分の生活スタイルに合わせた取得方法があります。